泣きついたっていいんです(笑)


後期臨床研修先をどうしようか考えていた時、同じ志向を持った同期から「多摩病院おすすめだよ」と紹介され一度見学に来ました。見学をしてまず驚いたことは、指導医の多さです。規模としては初期研修時の病院とほぼ同じなのですが、指導医陣がとても豊富で、且つ若手の先生方が多く活気があり、ワークライフバランスも保てそうだなという印象を持ち多摩病院に決めました。後期研修医として現場に立ち約1年になりますが、多摩病院を選んで本当に良かったと思っています。それぞれの得意分野を持った先生方が集まっていて、且つ3ヵ月毎にチームも変わるので、色々な先生方から教えていただけるのですごくいい環境です。


私は、後期研修と並行して大学院進学ができる総合診療アカデミックコースを選択しています。月曜が外来、火曜・水曜は病棟です。木曜は別の病院で外勤を行い、金曜の午前中が病棟、午後がアカデミックコースレクチャーの時間。土曜は隔週で大学院の授業が入ります。結構みっちりなスケジュールですが、やはり後期研修を終えてから大学院に進むと時間が掛かりますし、臨床しながら研究することで日々の疑問を研究に活かすことができるので魅力を感じています。もともと効率よくできるタイプではない私にとって両立は確かに大変なのですが、躓いた時には必ず指導医の先生が手を差し伸べてくださるので本当にありがたいです。困ったらすぐに「先生~っ!!」って泣きついています(笑)。

将来的には留学をしたいと思っています。父も医者で、私が幼少の頃に留学しており私もいつか留学したいなぁという漠然とした憧れはずっとあったのですが、多摩病院に入り、身近な先生が留学していらっしゃるので、同じ道に進みたいという想いが強固になりました。
多摩病院はとてもフレキシブルな病院です。「こうしたい!」というビジョンがあれば上の先生に相談し、いかようにでもデザインできます。ぜひ一度、見学に来ていただきたいですね。