研修協力病院・施設

研修協力病院

川崎市立川崎病院

kawagaikan

所在地 〒210-0013 神奈川県川崎市川崎区新川通12-1
電話 044-233-5521
床数 713床

市民のニーズに迅速かつ柔軟に対応

川崎市立川崎病院は、川崎南部地域の基幹病院として市民のニーズに迅速かつ柔軟に対応するため、救急医療(精神科救急を含む)、総合診療体制、新生物疾患医療、循環器疾患医療、中枢神経疾患医療、感染症対策などの充実を図っております。

実践できる医師の育成

川崎市立川崎病院臨床研修では、「病気ではなく『病人』を診る患者さん中心の医療」を理解し、実践できる医師の育成を目指します。

大学レベルにおよぶ様々な症例を学ぶ

自治体病院として救急救命センター、小児急病センター、ICU、CCU、NICU、地域周産期母子医療センター、精神科措置入院を扱っています。医師数が208名(常勤131名、非常勤77名)と医師が多い病院ですので、多数の医師から指導が受けられ、Common Diseaseから大学レベルにおよぶ様々な症例を学ぶことができます。

選択科

stk001

川崎市立井田病院

idagaikan

所在地 〒211-0035 神奈川県川崎市中原区井田2-27-1
電話 044-766-2188
床数 383床

救急医療を含めたプライマリ・ケア

川崎市は政令指定都市で、3つの大学病院を含め医療機関にも恵まれています。しかし、井田病院の位置する川崎市南部医療圏では、老年人口が増加しています。高齢化が進行する中で、高齢者を含め市民が安心して暮らせるように、どのようなお体の不調にも対応するべく救急医療を含めたプライマリ・ケアを学びます。また、地域医療を担う医師として、病に苦しむ患者様に向かい合えるように豊かな人格の涵養に努めていきます。

決して見捨てない医療

地域医療では通院困難な方の在宅医療も行い、真に全人的な医療とは何かを考えていきます。
更に、がん拠点病院として終末期の緩和ケアなどがんを患われた方のどんな問題にも応え、決して見捨てない医療を、チーム医療の一員として積極的に取り組みます。

選択科

stk001

東京ベイ・浦安市川医療センター

baymain2

所在地 〒279-0001 千葉県浦安市当代島3-4-32
電話 047-351-3101
床数 344床

日本で初めての公益法人を取得

公益社団法人地域医療振興協会は、医療法人の中で、日本で初めての公益法人を取得した公共性の高い団体です。

米国型システムを日本風にアレンジ

断らない救急を目指し、総合内科、一般外科を中心にした患者管理を行い、専門家がそのサポートを行うような米国型システムを日本風にアレンジして導入いたします。総合内科には日本でも活躍しているレベルの高い指導医陣を確保していますので、患者様にご迷惑のかかることはないように細心の注意も払うようにいたします。そして、ER、総合内科、ICU管理とホスピタリスト育成に力を入れます。

標準的な医療を展開

全国から優秀な看護師、コメディカルにお越しいただき、シミュレーション教育などを用いて、標準的な医療を展開いたします。

選択科

stk001

独立行政法人 地域医療機能推進機構 東京城東病院

jotomain

所在地 〒136-0071 東京都江東区亀戸9-13-1
電話 03-3685-1431(代表)
床数 130床

内科に強い病院総合医に!

全ての内科疾患を総合内科が診療するため、幅広い疾患を診ることが出来ます。
感染症は言うまでもなく、脳梗塞や関節リウマチ/PMR、心不全やCOPDなど、大病院であれば専門医が担当する内科疾患も我々の守備範囲です。
フィードバックが充実しており、洛和会仕込みの指導医がリーダーとして、チームで朝の回診、夕方の振り返りを行っています。
様々な規模の病院で、徹底して総合内科研修を行うことで内科の基礎固めを行います。

家庭医療の理論が身につく

困難な症例に関しては多職種で臨床倫理カンファレンスを行うなど病院での家庭医療の実践についても注力しています。
診療所ではなく病院での家庭医療の実践も勉強することが可能です。
さらにレジデントデイも月1回実施し、ポートフォリオの指導や振り返りも行います。

魅力的なカンファレンスや教育回診

教育カンファレンスを頻繁に行っています。

【レギュラーカンファ】
月曜日:ジャーナル流し読み 朝礼
火曜日:コアレクチャー
水曜日:ジャーナルクラブ(EBMの基礎を学ぶ)
木曜日:マニュアルカンファ(知識のブラッシュアップ)
金曜日:臨床推論カンファ

【不定期カンファ】
火曜日:徳田安春先生によるラウンド
金曜日:外部講師によるレクチャー
青木眞先生、山中克郎先生、志水太郎先生、上田剛士先生、坂本壮先生など著名な院外講師の招聘を行っています。
感染症に関しては根本隆章先生、膠原病に関しては陶山恭博先生と一流の専門医を招いてカンファレンスを定期的に行っています。

【外部勉強会】
東京GIM(毎月第2金曜日、都内) ほか随時

【研修総括(研修期間中最後のカンファで実施)】 
1ヶ月の振り返りスライドを最後に発表する。
スライド指導はチームリーダーが行う。

選択科

stk00221

聖マリアンナ医科大学病院

daigaku-main2

所在地 〒216-8511 神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1
電話 044-977-8111
床数 1208床

豊富で多彩な臨床症例と充実した施設

病床数1208床を有する特定機能病院であり、1〜2次救急に対応する夜間救患センターと3次救急に対応する救命救急センター、そして総合周産期母子医療センターを有する川崎市北部保健医療圏の中核病院です。同医療圏における災害拠点病院、地域がん診療連携拠点病院にも指定されており、地域での連携協力体制や社会保障制度等も研修することが可能です。
また、夜間急患センターでは研修医が指導医のもと、初療医として診療を経験することができます。
大学病院ではcommon diseaseから専門性の高い疾患、1~3次までの救急疾患を幅広く研修することが可能です。

充実した指導体制

厚生労働省が認可した臨床指導医159名(平成26年4月現在)が各診療科に在籍しており、豊富で充実した指導体制を整備しています。更に各年度(1年目、2年目)の研修医に対してプログラム責任者を中心としたグループ担任制度を設立し、研修医一人一人を複数の研修指導医がサポートします。
又、医師としてのキャリア支援体制の充実化を図っており、skillの向上に向けてMedical Simulation Laboratory (MSL)での実習や、心電図、超音波検査、画像検査読影等の基礎を習得するコースを設けています。さらに臨床推論、後期研修に向けた海外留学(語学)支援、論文・学会発表支援等の体制を整備しています。

教育・研究機関として

研究機関として、難病治療研究センターをはじめ、各科で高度医療の開発・研究が進められています。臨床面では、治験拠点医療機関に指定されており研究の実施やスタッフの教育、医療機関との連携を行っています。地域における治験・臨床研究のモデル機関として、将来のキャリア構築に役立つ経験を積むことが可能です。

選択科

stk003

横浜市西部病院

seibu-main2

所在地 〒241-0811 神奈川県横浜市旭区矢指町1197-1
電話 045-366-1111
床数 518床

専門的かつ高度な医療をバランスよく研修

横浜市西部地区の地域中核病院(518床)であり、日常診療において遭遇する頻度の高い疾患のみならず、各診療科(24科)において、充実した臨床研修指導医のもと専門的かつ高度な医療をバランスよく研修できます。
開院から開設された救命救急センターでは、救命のためのfirst aid measureから集中治療も含めた3次救急医療までを経験することができます。

必要とされている自分を実感

1年目の必修は、内科を中心とした総合診療、手技・処置を体得すべく救命救急センターと麻酔科を必須プログラムとしています。
2年目の選択科は、マイナー診療科などについても、キャリアデザインに合わせて選択が可能です。
1年目の当直は、ローテーションの診療科ではなく、救命救急センター当直であり、救命救急の臨床の場で、必要とされている自分を実感することができます。
月に2回、各診療科による持ち回り制の勉強会を開催し、活発な議論を行う場とし、先輩医師や同僚とのコミュニケーションの重要性を学びます。

地域密着型病院の必要性を体感

西部病院地域連携ネットワーク(M-net)を通じて、各診療科が一丸となって地域住民のアメニティーライフを演出し、地域密着型病院の必要性を体感することができます。
アットホームな雰囲気で全職員が臨床研修医を支援する体制が整っており、充実した研修生活を目指しています。

選択科

stk005

東横病院

toyoko-main2

所在地 〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3-435
電話 044-722-2121
床数 138床

臓器に特化した高度な医療

東横病院では、消化器病センター、心臓病センター、脳卒中センターを創設し、人間の三大死因であるがん、心臓病、脳卒中を中心に専門的な検査・診療を行っております。
また、女性臓器の疾患を対象に検診を行う女性検診科をも併設し、それぞれのセンターにおいて臓器に特化した高度な医療を提供しています。

専門性に特化した低侵襲治療を実践

救急災害医療センター外来で一次・二次救急を年間を通じて研修できる脳卒中センター、消化器病センターなど専門性に特化しており、専門医やsubspecialityを目指す後期研修を見据えての研修を行えます。
各センターともに専門性に特化した低侵襲治療を実践しており、地域医療はもちろん、高度な技術の習得も可能です。

選択科

stk006

研修協力施設

医療法人社団碧水会 長谷川病院

hasegawa001

東京都三鷹市にある長谷川病院は、国立天文台に隣接する、緑豊かな環境に囲まれた病床数500床の精神科病院です。
当院では力動的チーム医療による、統合失調症患者様の社会復帰を目指した診療を多角的に展開しているほか、感情障害(躁鬱症)、アルコール依存症、認知症、摂食障害、パーソナリティ障害にも力を注いでいます。

選択科

stk002

pdf