臨床研修プログラム

rkpmain

A.研修プログラムと募集人数

募集人数

teiin-2-212

研修プログラム

プログラム責任者 西迫 尚

shisetsu001-11

1年次は基幹型臨床研修病院である川崎市立多摩病院にて行います。2年次は多摩病院で必修である消化器・一般外科2ヶ月と、地域医療1ヶ月(協力施設より選択)、救急部門2ヶ月、残りの期間を基幹型である当院および協力型病院で研修します。選択科の7ヶ月は自らのキャリアデザインを基に研修スケジュールを組んでください。
pro33-1-11
pro31

pro1

tokushoku

 

選択科一覧

krs001 krs002 krs003

B.研修スケジュールにおける基本的事項

厚生労働省が示す研修プログラムの基準に基づき、以下の基本的事項を示します。
1必修研修は、1年次で研修します。
2内科6ヶ月の研修は専門分野に偏らない総合的診療能力を修得できるように配慮されています。
3救急は4ヶ月の必修研修となっています。1年次より救急災害医療センターでの救急外来診療を
2ヶ月研修し、2年次(2ヶ月)で救急医療を重点的に研修します。
4地域医療は、1ヶ月の研修で研修内容は柔軟に対応できるようになっています。
①近隣医療研修コース、②遠隔地医療研修コース、から選んでください。
5選択科は、必修研修で到達できなかった目標を修得できるようにしてください。

C.研修プログラム概説

必修内科を6ヶ月と救急を4ヶ月間研修し、さらに必修研修科として麻酔科、消化器・一般外科、
小児科が指定されていて、地域性を生かした幅広い研修が可能となったプログラムとなっています。
地域医療は、2つの研修プログラム(①近隣医療研修コース、②遠隔地医療研修コース)を選択できるようになります。いずれかの研修コースを選択して下さい。
また、いずれの研修病院も診療科によって研修医の受け入れ数は異なります。必ずしも希望する診療科での研修ができないことも生じますから、予めご了承下さい。研修ローテーション順はプログラム責任者にて調整しますのでご了承下さい。

pdf