臨床研修プログラム

研修プログラムと募集人数

募集人数

研修プログラム

プログラム責任者 家 研也


※必修内科、必修麻酔、必修小児科、必修産婦人科、必修外科、必修救急8週以上は基幹型臨床研修病院である川崎市立多摩病院にて行う。
※必修精神科は、協力型病院の長谷川病院にて行う。
※必修救急は1年次に川崎市立多摩病院にて8週以上、2年次に川崎市立多摩病院で4週以上もしくは、選択科にて救急科が選択できる協力病院にて8週以上を行う。
※必修地域4週以上、選択科は、2年次にて研修を行う。
※一般外来研修は必修内科、必修小児科、必修外科、必修地域の期間に並行研修として行う。1週を5日間(5コマ)と換算し、4週相当20日(コマ)以上の研修を行い、内訳としては各科にて週0.5コマ以上の研修を行う。
※厚生労働省の定める「臨床研修の到達目標、方略及び評価」を確認し、バランスの良い研修となるようローテーション科を選択すること。
※診療科ローテーションの順番は、本人の希望および研修医同士の話し合いの結果を考慮し、最終的には臨床研修センターで調整の上決定する。
※受入れ診療科および病院によって研修期間や定員数が異なるため、選択するにあたって事前に臨床研修センターに確認すること。

tokushoku

 

選択科一覧

krs002 krs003

pdf