研修医はお客様ではない!

obata
obata2

25

ホームページで総合診療への取り組みと研修制度の内容を知り、見学を決めました。研修制度の特徴を一言で言えば、「診療科の垣根を越えたプログラム」です。
総合診療内科は、どの診療科を受診すればいいのかわからない患者さんが、はじめに訪れる科です。そのため、専門医にはさまざまな診療科の知識が求められますが、多くの研修病院では、細分化された診療科を順番に回ります。専門性を高めるためには良いシステムですが、科を跨ぐような症例を診る機会は減ってしまいます。
ところが多摩病院の研修制度は、循環器を診ながら消化器を診る、または、消化器を診ながら腎臓を診るという、複数の科を同時並行に近い形で診ることができるように、プログラムが組まれていました。それを見てぜひ一度、現場を見てみたいと思いました。


obata3
見学時には、研修医と指導医との距離感の近さが印象に残りました。多摩病院に来る前に有名な病院をいくつか回りましたが、研修医は患者さんへの対応に追われて、十分な指導を受けられていないという印象を受けました。ところが多摩病院では、指導医が研修医の所見に対してしっかりとフィードバックを行っていました。また、その指導法にも魅力を感じました。多摩の指導医は、ただ正解を教えるのではありません。質問を繰り返しながら正しい診断に導いていて、研修医の判断力を伸ばしたいという思いが伝わってきました。
さらに、研修医とコメディカルとの関係性にも魅力を感じました。他の病院では、研修医はお客様のように扱われていると感じたのですが、多摩では研修医とコメディカルスタッフが対等に議論を交わす姿を見ることができました。ぜひ多摩病院を見学して、近すぎると思うほどに密な距離感を体験してほしいですね。待っています。