たった1年で・・・

obata
obata2

25

臨床医としての基礎固めができる、これが多摩病院の研修プログラムが持つ強みです。多摩病院は市中病院なので、多くのコモンディジーズ(風邪や腹痛など、日常生活のなかで多く見られる疾患)を診ることができました。
特徴的なプログラムの1つに、モーニングレクチャーという勉強会があります。毎週金曜日の朝7時30分から、各診療科の指導医や上級医により、講義形式や、実演形式での手技や問診の技法を勉強会で学びました。

テーマは診療の現場ですぐに役立つものばかりでした。とくに当直勤務では、勉強会で得た知識に何度も助けられました。当直は夕方5時から翌朝8時半までの夜間勤務です。医師の数が限られているので、病状や必要な検査の判断を任せていただくことが多く、はじめて診る症例ばかりでとまどうこともありました。そんな時は、レクチャーで学んだことを思い出し、診療を繰り返すうちに、自分なりの診療の「型」ができました。この型が判断の根拠となり、とまどいは自信に変わっていきました。


obata3
市中病院には、経済面の不安や家族の問題を抱えた患者さんが訪れます。私が診た患者さんのなかにも、夜間の緊急搬送と入退院をなんども繰り返す方がいました。その背景には、介護サービスや家族の協力が不足しているなどの社会的な要因がありました。研修に入る前の私は、病気の背景まで考えたことがなく、この患者さんに出合って日本が抱える医療の問題を、目の前に突きつけられたように感じました。当直を経験して、私は医師として一歩成長できたと思い、感謝しています。