大切なことは、どう学ぶか

kurosudr2
kk200

3ffe

私は、父が開業医ということもあり、commonな疾患をたくさん診られる病院という前提で研修先を考えました。なかでも多摩病院は、大学の附属病院でもあるため、最先端のアカデミックさを失わずに一般病院の良いところを取り入れられると考えて選びました。

研修を始めてから一番成長した点は、以前は医者の仕事は患者さんの病気を診ることだと単純に考えていたのですが、医療の周辺の問題にも関わる必要があるということに気付いたことです。たとえば、介護の手を入れないと厳しいご自宅の調整や、リハビリのことも含めて治療プログラムを考えるなどです。さらに今の指導医である総合診療医の土田知也先生と出会い、多大な影響を受けました。身体所見からでもたくさんのことがわかるということを先生から学び、プライマリーケアについてさらに学びたいと思うようになりました。


_DSC7817
皆さまに伝えたいことは、自分が志望している科だけではなく興味があまりない科でも、配属された時は気持ちを一旦リセットして、「ここで自分はずっとやっていくんだという意気込みで挑んでほしいということ。大切なことはどこで学ぶかではなくどう学ぶかということ。これは私が先輩医師からかけてもらった言葉で、日々この言葉を実感し、実践を心がけています。