研修医をサポート

tsubomain
kktsu

waas

多摩病院の初期研修では研修医の皆さんに対して、医師だけではなく薬剤師、技師、管理栄養士、看護師、事務職などの各部署のスタッフも講師となり、週に1回「モーニングレクチャー」を行っています。各部署がそれぞれの業務内容や医師とのかかわりを説明していきます。モーニングレクチャーは、研修医だけでなく全職員が参加できるので、多職種からレクチャーを受けられる病院はまだ少ないと思います。

薬剤師の業務内容については、意外に皆さんご存知ないんですよ。調剤をするというのは薬剤師のごく一部の業務で、薬がかかわるありとあらゆるシーンで、私たちはより良い治療が行われるよう支援しています。その多岐に渡る業務内容に、研修医の皆さんは一様に驚かれ、薬剤師に対する考え方も変わるようです。


tsubsub200
多摩病院ではチーム医療を信条としておりますので、医師としてのスタート時期に、各スタッフの業務内容を知り、さらにコミュニケーションを深めることで、チームにおける自分の役割や立ち居振る舞い、そして患者さんとどうかかわっていくのかを考えられるようになります。医師はチーム医療を牽引する存在なので、それは必要不可欠な情報であり、経験と言えるでしょう。
多摩病院では病院スタッフ一丸となって研修医の皆さまをサポートさせていただきます。