初期研修プログラムの特色

多摩病院では、研修医の皆さんが自ら学び向上することに最大限のサポートをするため、診療科や薬剤・栄養・患者相談・医事・医療情報など、多職種にわたる様々な知識を年間通じて提供しています。指導するのは臨床指導医をはじめ、病院内の「臨床研修に関わる評価指導担当者」等が行います。また、近隣地域の施設と連携した、総合診療を学べる体制を整えています。
pro0001

1.救急災害医療センターでのER診療をベースにした実践力強化

選択診療科にかかわらず切れ目なくER診療に参加することで、診療科目にかかわらず何があってもすぐに対応できる実践力を身に着けることができます。
また、1年目と2年目に2か月ずつの専属必修研修を行うため、臨床能力の段階に応じた研修および学習の発展性を持つことができます。2年目には後進の指導にあたることで、よりゆるぎない臨床能力を身に着けることができます。

2.総合診療センターを中心とした幅広い内科疾患に対する基礎臨床能力

臓器別に区分され診断された症例に対する治療を行うだけでなく、診断と治療方針を自ら作り上げる必要に迫られる環境が、皆さんの臨床能力を強化します。

総合診療センター:入院診療

zu
総合診療センター:呼吸器内科 、消化器・肝臓内科、神経内科、腎臓・高血圧内科 、総合診療内科、代謝・内分泌内科の6科よりなる多摩病院の内科チームです。専門診療科に特化しないcommon diseaseから未診断の疾患、それぞれの各専門疾患まで幅広い疾患の入院管理を行います。

to1001

3.各専門診療科,院外研修施設での幅広い研修内容

手技も含め幅広い経験を積める当院各診療科(整形外科、放射線科、脳神経外科、耳鼻咽喉科、産婦人科など)の専門診療科の研修を1か月単位で複数選択することができます。有名研修病院を含む協力型病院での高度医療、また同じ診療圏内にある協力施設で地域医療の研修を行うことができます。それにより一人の患者さんを退院後も在宅や診療所の外来でフォローアップするようなシームレスな医療が経験できます。

4.病院すべてのスタッフおよび院外講師による実践的な教育

BLSやICLS資格の取得,有名院外講師・すべての職種を含む院内講師による実践的なカンファレンスや手技トレーニング、指導医やTutorによるきめ細やかなフィードバックなど緻密な研修システムが整っています。
t2001

検査技能実践コース

多摩病院ではそれぞれの研修診療科で研修しながら、内視鏡や超音波検査、心電図や画像検査など研修到達目標にあげられた検査手技において年間を通じて学ぶことができる選択プログラムコースがあります。2年目は自身の希望に合わせコーディネートし、年間を通じた選択プログラムコースを作成することができます。

各コースの到達目標と主な内容

画像診断修得コース ≪目標≫ 正常例の解剖と画像を理解する
異常画像を認識できる
≪内容≫ 各画像検査の特徴(胸腹部単純、胸部CT、腹部CT・MR,四肢・脊椎単純、頭部CT・MR、消化管造影)、他
循環器系検査修得コース ≪目標≫ 正常例における解剖的関係と検査所見を理解する
循環器系検査(心電図、超音波検査)を正しく実施できる
異常所見を認識できる
≪内容≫ 心電図基礎、異常例の心電図、心エコー、他
超音波検査修得コース ≪目標≫ 正常例の解剖と画像を理解する
異常画像を認識できる
≪内容≫ 腹部エコー、心エコー、体表領域・血管系の抽出方法、他
内視鏡検査修得コース ≪目標≫ 内視鏡検査を見学し、内視鏡検査の適応と内視鏡的治療の適応を理解する
内視鏡機器の仕組みを理解し、基本的な操作方法を習得する
≪内容≫ 上部内視鏡検査見学、内視鏡検査の基本的な流れ、上・下部消化管の正常解剖と内視鏡的所見、内視鏡的治療について、代表的上部消化管疾患の内視鏡的所見、下部消化管の腫瘤性病変、他

モーニングレクチャー

1年間を通じて、モーニングレクチャーを毎週1回開催しています。モーニングレクチャーでは、臨床指導医はもちろん、様々な関係部署の方々が講師となり、その知識を簡単に分かりやすくレクチャーします。幅広い、基礎的な知識の修得ができます。
≪目標≫ ①基本的診療能力の習得
≪内容≫ 一つのテーマについて、講師の方々が簡単に分かりやすくレクチャーします。
1. ER診療の基本(救急災害医療センター)
2. ERでの働き方①(ER看護師)
3. 病棟での働き方①(看護部)
4. 内科ER推論(総合診療内科)
5. 脳外ER診療基本(脳神経外科)
6. 外科ハンズオン基本的な縫合法(消化器・一般外科)
7. 創部処置(救急災害医療センター)
9. 心不全(循環器内科)
10. 喘息・COPD憎悪(呼吸器内科)
11. 意識障害(神経内科)
12. 吐血・下血(消化器内科)
13. ERにおける代謝内分泌疾患(代謝・内分泌内科)
14. 薬剤処方の基礎知識(薬剤部)
15. 輸血・クロスマッチ実習(輸血部)
16. CV講習(救急災害医療センター)
17. 内科ER①問診(総合診療内科)
18. 感染制御・抗菌薬(ICT)
19. 頻度の高い口腔外科疾患(歯科口腔外科)
20. 外科ハンズオン応用的な縫合法(形成外科)
21. 基本・薬の出し方(産婦人科)
22. 尿閉・結石(泌尿器科)
23. 鼻出血・異物(耳鼻咽喉科)
24. ERの眼科(眼科)
25. ERの皮膚科(皮膚科)
26. 気道確保・DAM(麻酔科)
27. 保険診療・DPC(医事・医療情報部))
28.リハビリPT/ST(リハビリテーション科)
29.栄養療法(栄養部)
30.緩和ケア(緩和ケア委員会)
※平成28年度モーニングレクチャー内容を一部抜粋

t3001

臨床研修に関わる評価指導担当者(以下、臨床研修評価者)

多摩病院では、臨床指導医はもちろん、院内におけるすべての職員が研修医を育てていくことを目標として、各メディカルスタッフを含めた病院全体で、支援・指導・評価(360度評価)を行います。
看護師、コメディカルスタッフ、事務職員等で臨床経験・勤務経験が5年以上の職員を対象にした認定講習を開催しています。認定講習では研修医評価についての知識と技術を習得します。(指導医ワークショップ同等内容)
また、今後も定期的に指導者の養成を行っていく予定です。

研修報告会・研修発表会

6ヶ月、年ごとに研修医全員を対象に、全体の振り返りを行います。振り返りの成果、考察を個々に院内発表会で発表することにより、自分の長所・短所を省察できます。

5.研修医が自らデザインし発展させる研修プログラムおよび研修環境

当院の研修プログラム、内容および運営には研修医全員が研修医部会を通して参画しています。前述のモーニングレクチャーの内容の決定と運営も含め、研修医自身が行っています。また教育以外にもプログラムや研修内容、運営上の様々な事象も研修医全員が部会で審議し、代表者が運営委員会に委員として参加し提案の上検討しています。このシステムを通じて研修医が主体となり、常に研修環境を改善、発展させています。

t5001

pdf