包括的なプライマリ・ケアを

ohashimain
kkohashi

eevvd
私は10年程前に多摩病院の開院準備に参画し、現在はサテライトクリニックとして研修医を受け入れるなど、内外から深く関わってきました。多摩病院は、聖マリアンナ医科大学の附属病院として高度な研修を提供するだけでなく、診療所においてはプライマリ・ケアまでを包括的に学べる病院です。

ところで研修医のなかには、地域診療所の研修に消極的な人や、ここでの1ヶ月間は少しのんびりできる時間なのかと誤解している人もいるようです。ところがいざ研修が始まってみると、個人病院では大病院のように気軽に検査を行なえませんので所見や患者さんのお話などから病状を判断する診断力が求められますし、在宅診療では、ケアマネージャーさんなど医療関係者以外の方々とコミュニケーションをはからなければならないなど想像以上に大変な内容に、戸惑われる方も多いですね。でも、徐々に家庭医として仕事の面白みに目覚めて、研修後半にはすごくやる気を見せる研修医もいます。


_DSC8383
地域病院でのこのような経験は、将来、たとえば高次病院で働くようなった時、病気の治療だけでなく患者さんの心にも寄り添える医師になる一助となると思います。医療の第一線で、総合的、継続的、そして全人的医療体験を積んでください。