後期臨床研修プログラム

プログラム責任者

土田 知也 (川崎市立多摩病院総合診療内科 主任医長)

到達目標

1. 病棟・外来での自立した診療が行うことができる。
2. 診療所・病院どちらでもリーダーとしてマネジメントできる能力を身につける。
3. 在宅医療の基礎診療スタイルを確立する。
4. 診療科を問わず、臨床・教育・研究において指導者となる基礎能力を確立する。

研修プログラム5つの特色

22

1.基礎能力の高い各科専門医を育成するための3年間

総合診療医を志す方はもちろん、総合診療に興味がありながら、将来的に専門性を持ちたいと考えている方も対象としています。今後一旦スペシャリストとしてのコースに入ってしまうと、総合診療を学ぶ機会は失われてしまいます。医師として必須かつ生涯役立つ基礎能力としての総合診療を研修し、総合診療の広い視野と幅広い知識・経験を持つことで、専門医としても短期間で効率良く必要な知識と技術を身につける基礎を持つことができます。

2.総合診療センターでのシームレスな研修

総合診療医だけでなく各臓器別診療科の専門医が一緒にチームを構成することで、総合診療医の幅広い疾患に対応できる能力と診断力と各科専門医の深い知識と技術、経験を両立することができます。各科専門医はチームを超えて指導を行い、後期研修医はチームローテーションにより偏りなく診療の幅を広げることができます。

3.院外研修施設を含めたhome-and-away方式の研修

多摩病院を中心とした継続性のある診療の場を持ちながら、自分の診療スタイルを築いていきます。そこからさらに各協力施設における違う環境及びスタッフの中で診療を行うという経験を加えることで、偏りのない普遍性のある実力をつけることができます。院外研修施設として、離島研修や診療所などを選択できます。在宅診療も集中的に研修することができます。

4.継続性のある地域医療の経験

週1回、院外の施設で診療を行うことができるため、3年間継続性のある地域での外来や在宅診療を病院の研修と並行して経験することができます。これにより1人の患者さんに対して、入院から退院までという期間だけでなく、異なるセッティングで継続性のある診療ができます。

5.後期研修修了後のキャリア選択の幅広さ

社会的ニーズの高い総合診療医としての基礎があると、研修修了後、将来のキャリアに対して幅広い選択肢を持つことができます。もちろん、各科専門医だけでなく研修修了後に総合診療指導医としてのキャリアをさらに深化させることができます。大学の付属病院であるという利点を生かし、各科の専門医としても総合診療医としても修了後の進路に対して親身にサポートすることができます。

総合診療センターへ

認定医・専門医の取得(平成28年度)

■日本プライマリ・ケア連合学会家庭医療専門医
■日本内科学会総合内科専門医
■日本病院総合診療医学会認定医
■日本感染症学会専門医
■日本感染症学会指導医
■日本化学療法学会抗菌化学療法認定医
■日本化学療法学会抗菌化学療法指導医
■日本プライマリ・ケア連合学会認定医
■日本内科学会認定内科医

診療実績

不明熱、海外渡航感染症、市中肺炎、NHCAP、レジオネラ、ウイルス性肺炎、腎盂腎炎、化膿性椎間板炎、リウマチ性多発筋痛症、成人スティル病、アレルギー性肉芽腫性血管炎、薬剤熱、悪性リンパ腫、髄膜炎、脳炎、インフルエンザ脳症、水中毒、低Na血症、原発不明癌、手術部位感染症など。

研究活動

1. 誤嚥性肺炎に関する増悪予測因子の研究
2. 摂食・嚥下機能の評価及び予測に関する研究
3. 地域医療ニーズの分析及び予測に関する研究
4. 効率的な医学教育システム構築に関する研究
5. 研修医のキャリア選択に関する研究
6. 高齢者聴力と耳垢除去に関する研究
7. 骨粗鬆症に関する研究
8. 骨代謝マーカーと骨折評価に関する研究
9. 高齢者姿勢変化及び脊椎形態に関する研究

学会、研究会など(国内学会、国際学会)

日本プライマリケア連合学会,日本病院総合診療医学,Society of Hospital Medicine,Infectious Disease Society of America, 日本内科学会,日本感染症学会,日本化学療法学会

進路

後期研修修了後、大学教員として臨床・教育・研究を継続していくことができます。総合診療医としてさらに深めるというキャリアだけでなく、内科臓器別の各診療科や外科系を含む各診療科専門への道も開かれております。

診療科ホームページ・資料請求・問合せ先

http://www.tama-resident.jp/
kk